自転車の種類について、続きを書いていこうと思います。
電気自転車はバッテリーとモーターの力を利用することによって、急な坂も上ることが出来ます。 パワーがあるので、仮に子供を乗せたとしても辛さはなく、快適に上ることが出来ます。

発売当初価格は高く、10万円という価格でしたが普及した現在では値段も落ち着き6万円程で購入可です。 6万円でも価格は他に比べるとかなり高価になります。
バッテリーもそれなりに重量があるため、バッテリーが切れてしまうと普通の自転車以上に辛くなります。 今人気の折り畳み自転車です。
小型で軽量であるため扱いやすく、また折りたためるので、何処へでも運ぶことが出来ます。 室内で保管することによって防犯対策にもなるので、盗難の心配も回避することが出来ます。 色々なメーカーから折り畳み自転車は販売されており値段も多様ですが、安すぎるものは危険です。 折り畳みの関節部分が甘かったり、耐久性が引くかったりと、安心して乗ることが出来ません。 かごを付けることが出来ず、タイヤが小さいゆえに、シティ車に比べて速度はどうしても出ません。

自転車は種類によって特徴が全く違います。 この種類の豊富さは、自転車が様々な方面で人々に強く愛されているという証拠でもあります。